【パフォーマンスランキング】国内主要銀行オフィシャルサイト [2020年6月]

このページ内の目次

国内の主要銀行20社のサイトトップページの表示時間および稼働率を測定した結果を発表します。
PCサイト、スマートフォンサイトとデバイスごとの平均値を算出し掲載しております。
測定は、2020年6月5日15時から6月10日15時までの5日間にわたり実施しました。

PCサイト、スマートフォンサイト共に、三菱UFJ銀行がパフォーマンス1位に

デスクトップサイトでは、三菱UFJ銀行が、ページ表示速度0.997秒でトップとなりました。
続く2位はJAネットバンクの1.32秒、3位はスルガ銀行の1.49秒でした。
当社推奨表示速度2秒以内を達成したのは、ランキング1位の三菱UFJ銀行から7位のセブン銀行までとなります。

次に、スマートフォンサイトですが、こちらも三菱UFJ銀行が、ページ表示速度1.33秒でトップ、2位にJAネットバンクと楽天銀行が同タイムの1.43秒、4位にスルガ銀行の1.44秒と続きます。
当社推奨表示速度2秒以内を達成したのは、三菱UFJ銀行から6位のオリックス銀行までとなります。

同時期に実施した、国内主要証券会社パフォーマンスランキングと比較し、PCサイト、スマートフォンサイト共に推奨値未達成銀行が多く、対策の遅れが伺えます。

トップページは、ユーザが何かの目的をもってアクセスするページです。
このことを考慮すると、デスクトップサイト、スマートフォンサイト共に、当社推奨値である表示速度2秒以内を目標値とするのが良いでしょう。
また、画面操作(リンクやボタンのクリックなど)が可能となるDom Interactive値は、0.5秒以内を推奨していますが、表示速度2秒以内の達成を優先に、まずは1秒以内を目標にすると良いでしょう。

今回、ページ表示速度上位5社の平均はPCサイトで1.39秒、スマートフォンサイトで
1.42秒、下位5社の平均はデスクトップサイトで4.20秒、スマートフォンサイトで3.77秒と、その差は、PCサイトで2.82秒、スマートフォンサイトで2.35秒と体感にも影響を与える差が見られました。
また、推奨値を達成している銀行は、PC、スマートフォンページ共に顔ぶれはそろっており、パフォーマンスの重要性を意識した対策が打てているか否かの差がでているといえるでしょう。

サイトパフォーマンスの劣化は顧客満足度低下を招き、 企業の収益性に直接の影響を及ぼします

本結果は、サイトの優位性や利便性を保証するものではありませんが、一般的にサイト離脱の要因の一つとしてページ表示速度があげられます。アクセスユーザへの良質なユーザ体験を維持するためにも、自社サイトのユーザ体験を知ることはますます重要となるでしょう。

PCサイトのパフォーマンスランキング [2020年6月]
RANK 銀行名 表示速度 (秒) DOM Interactive (秒) 稼働率 (%)
1位 三菱UFJ銀行 1.00 0.5 100
2位 JAネットバンク 1.32 0.834 100
3位 スルガ銀行 1.49 0.967 100
4位 みずほ銀行 1.53 0.544 100
5位 楽天銀行 1.62 0.579 100
6位 オリックス銀行 1.62 0.685 100
7位 セブン銀行 1.94 0.601 100
8位 GMOあおぞらネット銀行 2.11 0.464 100
9位 大和ネクスト銀行 2.30 1.820 100
10位 あおぞら銀行 BANK支店 2.37 0.443 100
11位 SBJ銀行 2.49 0.414 100
12位 りそな銀行 2.66 1.030 100
13位 イオン銀行 2.88 1.140 100
14位 東京スター銀行 3.12 0.485 99.2
15位 住信SBIネット銀行 3.26 0.428 100
16位 auじぶん銀行 3.36 1.990 100
17位 ジャパンネット銀行 3.64 0.604 100
18位 三井住友銀行 4.12 1.220 100
19位 ソニー銀行 4.68 0.632 100
20位 新生銀行 5.22 1.150 100

スマートフォンサイトのパフォーマンスランキング [2020年6月]
RANK 銀行名 表示速度 (秒) DOM Interactive (秒) 稼働率 (%)
1位 三菱UFJ銀行 1.33 0.635 100
2位 JAネットバンク 1.43 0.851 100
3位 楽天銀行 1.43 0.601 100
4位 スルガ銀行 1.44 0.953 100
5位 みずほ銀行 1.46 0.578 100
6位 オリックス銀行 1.62 0.709 100
7位 あおぞら銀行 2.26 0.472 100
8位 東京スター銀行 2.27 0.404 99.19
9位 GMOあおぞらネット銀行 2.3 0.357 100
10位 大和ネクスト銀行 2.6 2 100
11位 イオン銀行 2.68 1.02 100
12位 SBJ銀行 2.75 0.181 100
13位 ソニー銀行 2.83 0.57 100
14位 auじぶん銀行 2.85 1.91 100
15位 セブン銀行 2.94 0.467 100
16位 新生銀行 3.1 1.2 100
17位 りそな銀行 3.37 1.19 100
18位 ジャパンネット銀行 3.52 0.492 100
19位 住信SBIネット銀行 3.81 0.559 100
20位 三井住友銀行 5.07 0.891 100

<測定条件>
測定期間:2020年6月5日15時 〜 6月10日15時までの5日間
測定頻度:60分に1回
測定デバイス:PC(Desctop)、SP(iphoneX)
測定拠点:Tokyo (ap-northeast-1):AWS

各種お問い合わせやご要望は下記よりお願いいたします。

トップに戻る

関連記事

前へ

APMって何?

次へ

【パフォーマンスランキング】国内主要証券会社オフィシャルサイト [2020年6月]

Page Top